IOTとは何か?言葉の由来は?疑問を解決【IoT】

最近市場を大きく伸ばしている、IOT市場。耳にしたことはあるが実際にどういうものかは知らない。

というように、疑問に思うことがあると思います。なので今回はIOTについて全く知らない人にもわかるよう説明していきます。

IOTは○○の略

結論から言います。IOTとは、

「Internet of things」

の頭文字をとった略です。

意味としては、

「もののインターネット」

です。

「どういうことだよ!」

と思う方のために今から具体例を挙げて説明していきます。

IOTについての説明

先ほど僕は、もののインターネットと言いました。これはどういうことかというと、この世に実在するものとこの世には存在しないデータの世界であるインターネットをつなげるということです。

IOTには、

  • インターネットを使い、離れたものの状態を知る。
  • インターネットを使い、離れたものを操作する。

の二つがあります。

具体例を次に説明していきます。

IOTの具体例

具体例として、最近財布の中に入れるとGPSでスマホと連携して無くしてしまった財布の位置が分かる。というものがあるのをご存じですか?

これは、インターネットを使って物がどこにあるか調べる。つまり、ものの状態を知るための部類のものになります。

あれはまさしく、IOTの一つです。

これは、財布の中に入れるものをGPSでインターネットに繋いでスマホに情報を届ける。というものとインターネットを繋いで活用しているので、IOTの一つとなるわけですね。

次に、スマホで外出時に家のエアコンを操作して、帰ったら快適な温度にできるエアコンとスマホ。

これは、離れたところからエアコンを操作する。つまり、ものを操作する部類のものになります。

スマホからインターネットを通じて、離れたところからでも、エアコンを操作できる。

このように、IOTとは人々の暮らしを豊かにいてくれたり、物を守ってくれたりしてくれるありがたい物なのです。

IOTのまとめ

IOTとは、

「Internet of things」

の略。意味は「もののインターネット」

ものをインターネットに繋いで、

  • 離れたところから、操作する。
  • 離れたところから、状態を知る。

この二つの役割がある。

まとめこのくらいですね。

意外と身近なところにもIOTは存在しているかも知れません。そもそも、IOT技術を搭載したものにわざわざ

「IOT機器です!」

なんて言う企業はないですからね。気づかないのも当然です。が、意識してみるとこんな所にもIOTが!みたいな感じで見つかるのではないかと思います。

是非探してみてください。

きー君の日常Twitterはこちら