【STOP食品ロス】AIの予測で減る食品ロスと労働力不足の解消【AI】

皆さん、年にどのくらい食品ロス(まだ、食べられるのに廃棄された食品)があるかご存知ですか?

日本の食品ロスは約年に、612万トンもあると言われています。これは、世界中で飢餓に苦しむ人々に向けた世界の食糧援助量の1.6倍にも相当すると言われています。(消費者庁調べ)

さらに、日本では小売業者界の労働力不足は深刻なもので、厚生労働省によると年間約22万人もの労働人口が不足しているという事です。

それとは、裏腹に求人率はこれからも上昇していく見込みなので、少人数でも営業ができる体制作りが求められています。

AIによる需要予測

先ほど話した通り、減少していく労働人口に対し、これからも増えていく求人率に対応するためにはAIの力を借りるしかありません。

それが、日本ユニシスのAIによる需要予測に基づいて発注業務を自動化するクラウド型業務支援サービス「AI-order Foreshigt」です。

このサービスは販売実績、気象情報、企画情報といったデータを元に、小売店舗に日々必要な商品発注数を自動決定するサービスです。

処理技術には、日本ユニシスが保有する統計解析技術とAI技術を活用しています。

統計解析技術とAI技術をセットで使用する事で、小売に必要な商品発注数の分析を短時間で実施することができます。

このサービスの特徴は、精度維持のために、自動チューニングにより日配品や生鮮品に求められる予測を実現するので、メンテナンスフリーの運用が可能となった。

それに加え、今までの需要予測では、欠かすことのできなかった、データサイエンティストやアナリティクス組織による予測モデルの改善をAI機能が代替実施するため、専門家がいない企業でも、予測精度の維持、向上が可能となりました。

人で例えるならば、自分で間違えた所をどこか自分で判断し、そこの何がいけないかを考え、改善するという行為に似ていますね。

AIといえど、侮ることのできない世の中になってきましたね…。

作業負荷や難易度の高い発注業務を自動化することにより、深刻な労働力不足と上昇する求人率に対応し、労働者の今までの経験やスキル、能力に依存してしまわない店舗運営、機械ロス、廃棄ロスの削減を実現します。

企業はこのサービスを導入するのか?

A.間違いなくするでしょう。

先ほど話した話の中の最も大きなメリットは、

  • AIの自動メンテナンスによる、メンテナンスフリー。

です。

このサービスを導入する企業は先程話した通り、人手不足である企業の割合の方が多くなると考えています。

そんな企業が導入したサービスにより、発注数を大幅に誤ってしまったらどうなるでしょう?

間違いな倒産しますね。しかし、自動メンテナンスによる精度の向上は企業から見てもかなり安心できます絶えずAIが自動メンテナンスを行ってくれるので、専門家がわざわざメンテナンスをする必要もないもないので経済的にも優しいです。

労働人口不足に対応できるか?

A.これも対応できると思います。

理由は、今まで不足していた人材の分まで仕事を行なってきた人たちの負担が軽くなることで他の仕事や慣習等に取り組むことができるようになるからです。

例えば、Aさんが小売店舗で商品の発注数を管理する役割を担っているとします。

そんな時にこのサービスを導入することで、Aさんの仕事の負担はとても軽くなりました。

そこでAさんは他の役割を担うことになりました。

めちゃめちゃそのまんまな事を書いていますが、これにより実質Aさんは2人分の仕事をしていることになります。

これを日本全国の人が行えば完全なる労働人口不足の解消…とまでは行かずとも、少なくとも労働人口不足問題が目立たなくなってくるレベルまでは解消されるのではないかと考えています。

まとめ

  • 「Al-order foreshigt」により労働人口不足の解消は望める。
  • 自動メンテナンスにより、ほとんどの企業は導入するだろう。

今は、飽食の時代なんて言われてるぐらい日本では食べ物が余り、捨てられています。

このサービスにより、そのようなことが改善されれば良いと思います。

きー君の日常Twitterはこちら